医院ブログ

歯をぶつけちゃった!!

歯をぶつけちゃった!!

クレア歯科クリニック 阿部です

歯の外傷について…歯をぶつけた…

歯の外傷は1~2歳の乳幼児と7~8歳の学童期に多発する傾向があります。その他、成人でも交通事故やスポーツ、トラブルなどで受傷することがあります。

交通事故など重篤な外傷は通常救急車で搬送されますが、口腔内の外傷などは本人が外来受診する場合が多いです。そのため、一週間したら痛みがなくなったから・・・と放置される方も多くいらっしゃいます。

例えば、前歯に強い衝撃が加わると歯根膜(歯を支えているじん帯)に炎症を引き起こします。炎症があると痛みが出ますが、一週間程度安静にしていると痛みは落ち着いてくることが多いです。痛みが無くなると放置してしまいがちですが・・・その衝撃が原因で歯の神経が徐々に死んでいってしまうこともあるのです。神経が死んでしまうと、歯が徐々に変色していきます。

歯の外傷は、症状によって処置が変わってきます。

まずは、早めに相談しましょう!

舌の診断

舌の診断

クレア歯科クリニックの堀江です

毎日、患者さんを診察していると舌の状態も様々だな。と感じます。

東洋医学では、『舌は全身を映す鏡』といわれており、舌を診れば全身状態の変化がわかる、とされてきました。

舌は表面粘膜の新陳代謝が活発で、約3日で新しいものと入れ替わります。そのため病気のサインが表面に迅速に現れます。また、粘膜が薄いので、その下の血管から血液の状態がよく見えます。舌の色は、血液の色なのです。

【舌と体の繋がり】

舌のどの場所に症状が出るかで、体のどの部位が悪いかがわかるとされています。

舌先は心肺

心臓、肺、循環器系、大脳皮質、呼吸器系、鼻、皮膚など

両脇は肝胆

肝臓、胆嚢、自律神経系、大脳辺縁系、視神経、目、精神情緒など

中央は脾胃

脾臓、胃、消化器系、代謝系、リンパ系など

舌根は腎

腎臓、ホルモン内分泌系、生殖器系、泌尿器系、脳、歯、骨など

【舌の色】

淡紅

正常(薄いピンク色)

淡白

正常より白い。貧血症状

紅色

身体に熱があるときや水分不足

深紅

発熱時や脱水症状、血流の悪い状態

紫・青紫

血流の悪い状態、飲酒、色素沈着、循環器障害など

舌先の発赤

風邪、気管支や咽頭部の炎症

今回は、白っぽい舌を取り上げてみます。

白っぽい舌は、栄養不足で、疲れやすい、顔色が悪い、元気がない人に見られます。

注意する病気は、慢性胃炎、消化器系の病気、狭心症、うつ病、食欲不振、下痢、動悸です。加えて、舌が大きくて腫れぼったい場合は、冷えやむくみ、甲状腺機能低下の方にみられるので注意が必要です。さらに舌苔が少ない場合は、貧血や自律神経失調症の方に見られやすいです。

東洋医学では、舌が白っぽい人は気血の不足と考えます。気は生命力や生命エネルギーに近い概念で、血は血液の事だけでなく、血液が運ぶ栄養までを広く意味しています。

気を補う食材には、芋類・豆類・魚介類・干し椎茸などがあります。

また、血を補う食材には、ほうれん草・にんじん・黒ごま・青魚などがあります。

舌診断から健康状態を知り、食べ物(栄養)などの提案で未病を防ぐことが出来たらいいですね

ブリッジ以外の治療法

ブリッジ以外の治療法

クレア歯科クリニック 阿部です

歯を抜歯した後に、その後の治療をどうしようと悩まれることも多いと思います。最近はインプラントが多くなりましたが、外科的な処置のためにお体の状態によってはできない人もいますし、やはりインプラントはこわいという方もいます。

インプラントは抜歯をした歯の部分に人工歯根を植え、その上に冠を被せる治療です。前後の歯を傷つけることもなく、インプラントによって前後の歯の負担を軽くすることができます。噛む力はご自身の歯の90%程です。顎の骨に穴を開ける外科処置が必要ですので重度の糖尿病や骨粗鬆症の方はできない場合もあります。保険治療では認められてなく、自費診療になります。歯を削るのに抵抗がある、だけど入れ歯は入れたくない方にお勧めの治療です。

部分入れ歯とは前後の歯にフックを掛け、自分で取り外しをしながら使う治療法です。部分入れ歯はフックを掛ける為に少し歯を削るだけでほとんど歯や骨に影響はありません。 治療回数も2回で終わります。噛む力はご自身の歯の20~30%で、年配の方で筋力が落ちている場合は特に問題はありませんが、若い方で噛む力が強い方はプラスチックなので割れることが多いです。また、食事後毎回取り外して洗う必要があり、面倒で使わなくなることもあります。保険診療でも認められており、フックの部分は金属で作られます。自費診療であればフック部分を歯茎や歯の色に合わせて作ります

おやつと虫歯

おやつと虫歯

クレア歯科クリニックの堀江です

お子さんやお孫さんのおやつには何をあげていますか好きなものを欲しがる時に好きなだけ与えていませんか

その食習慣が、むし歯を作りやすい環境にしているかもしれません。

むし歯は、細菌糖分歯の状態時間 の4つの条件がそろうことで発生します

つまり、歯みがきをしていても、甘いおやつを食べる回数が多く、食べている時間が長いほど、むし歯のリスクが増加します

むし歯になりやすいおやつは、砂糖を多く含んでいるもの歯にくっつきやすいもの口の中に長くとどまるものです

代表的なものは、チョコレート、あめ、キャラメル、スナック菓子などです

一方、むし歯になりにくいおやつは、歯にくっつきにくいもの自然の素材を生かした甘さ控えめのものです

おすすめは、おにぎり、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、寒天やゼリー、季節の果物、ふかしたイモ類、ナッツなどの豆類、煮干しなどの小魚です

おやつの量は、1~2歳児で約100~150キロカロリー、3~5歳児では、約150~200キロカロリーが目安です

回数は、1日1~2回とし、与える時間を決めましょう

そして、食べた後は必ず歯を磨く事が大切です

乳歯のむし歯は永久歯の生え変わりや歯並びに悪影響を与えることがあります

お子さんの健やかな成長のためにおやつの見直しをしてはいかがでしょうか

歯肉炎ってなんだろう?

歯肉炎ってなんだろう?

クレア歯科クリニック 阿部です

歯肉炎についてのお話です。

歯磨きをしていると血が出たことはありませんか?

鏡をよく見ると歯ぐきが赤くなっていたり、ぷくぷくと丸くなっているところはありませんか?

これが歯ぐきの病気「歯肉炎」です!!

どうしてこうなったか、みなさん下の中に当てはまるものはありませんか?

・歯磨きをしてるけどきれいになってる自信がない

・甘いものが大好きでおやつの時間が決まってない

・ジュースや炭酸水、スポーツドリンクを毎日飲む

・上手な歯磨きのしかたがわからない

・気づくと鼻で呼吸している

などなど。。です

はみがきで汚れがきちんと取れていないと、お口の中ではプラークという細菌の仲間たちが美味しい食べカスや甘い飲み物をエサにどんどん増えていきます。すごくこわいですよね

そして、その細菌により歯ぐきは歯肉炎になり出血したり赤く腫れたりしてしまうのです。

そうならないためにもまずは歯磨きと食生活を見直しましょう

多彩な症例に対応できる鶴見市場のクレア歯科クリニックの症例と治療法をご確認いただけます

鶴見市場にある歯医者ではお子様の検診や虫歯治療など小児歯科から、シニアの方の入れ歯作成やインプラントまで年代を問わずご利用いただける安心の診療をご提供しております。審美治療やホワイトニングなどお口の美しさを手に入れる治療もご提供しておりますので、お気軽にご相談ください。
クレア歯科クリニックで主に扱っている症例や治療法をご確認いただけますので、歯の痛みやお口のお悩みがある方はぜひご参考になさってください。インプラント認定医による高度治療や、美しい歯並びや白い歯を手に入れるための矯正治療や審美歯科まで幅広くご確認いただけます。
当院は鶴見市場のショッピングモール内にあり、お買い物の合間にお気軽にご利用いただけますので、初めての方も安心してご相談ください。

お問い合わせ、ご相談はこちら

  • web予約はこちら
  • カウンセリング予約
  • アクセス・診療時間
  • 医院ブログ
  • 求人情報

TOP
お電話はこちらから