口内フローラ

2020.10.26

クレア歯科クリニックの堀江です

 

先日、鶴見大学教授花田信弘先生が出演していたTV番組でやっていた内容について

お話したいと思います。

口内フローラという言葉をご存知ですか❓

口の中の細菌の集まりのことで、約700種類、数にすると100億個ほど存在していると

言われていますΣ(・□・;)

その中には善玉菌、悪玉菌、日和見菌と大きく分けられます。

日和見菌は状況によって悪玉菌にも善玉菌にもなりうる菌です。

悪玉菌と言われる歯周病菌はキスでもうつるそうです。

カップルのどちらかが歯周病の場合は二人で治療するのをお勧めします。

マウスの実験によると悪玉菌が脳内に侵入すると血管の炎症が悪化し、

脳出血を発症することがわかりました。

口腔内の細菌が心臓を通って全身にまわる時間は

1分30秒だそうです。

そのようなことから、いかに口の中を清潔にすることが、全身の健康に大切だとわかりますね。。。

TVの出演者がお酒で口の中をアルコール消毒をしているから大丈夫と言っていましたが、

ビールや日本酒には糖質は含まれるので、悪玉菌の栄養になるので、アルコールを飲んだ後は

歯磨きをするようにということでした

最も凶悪な歯周病菌3つは、花田先生によると、T.デンティコーラ、T.フォーサイシア、P.ジンジバリス。

歯科ではRED COMPLEXと言われています。そしてそれぞれ1万個以上は危険とされています。

この3大歯周病菌の中のP.ジンジバリスは、この中でも最強の歯周病菌で、歯周病だけでなく認知症やあらゆる病気に関連している細菌と言われています。

もしこのような歯周病菌がいたとしたら、まず

 

だ液の分泌を促す。

超簡単にだ液の分泌を促す運動は、パタカラと読み上げるだけでいいそうです。

パは、唇の筋力が鍛えられる。

タは、下の中央の筋力が鍛えられる。

カは、下の奥の筋力が鍛えられる。

ラは、下の先の筋力が鍛えられる。

パタカラばかりだと飽きてしまうので、パタカラを多く入れた次の文章を読むのがいいということです。

”パンダの宝物はパパパンダからもらったラッパ、歩いてパタパタ、鳴らしてパラパラ、高かったラッパで財布の中身は空っぽ”

 

もう一つは緑茶でぶくぶくうがい。

フッ素とカテキンが含まれており、抗菌作用があり行内フローラを整えるのに最適です。飲むだけでなく、食後に1分程度口に含んでぶくぶくとやるだけでも有効だということです。

これを続けたゲストの方は歯周病菌の数が劇的に減少しました

後は三ヶ月に一度、お口のクリーニングにいらしていただければ、

健康に保てますよ

歯垢と歯石の違いって何??

2020.10.17

クレア歯科クリニック 阿部です

 

歯みがき剤のCMなどでよく耳にする「歯垢」(しこう)と「歯石」(しせき)という2つの言葉。同じものと混同している人がけっこう多いです。歯の健康を保つためにもそれぞれの違いについてぜひ知っておきましょう。

歯垢とは?

歯の表面を指で触った時にネバネバしたものが付くことがありますが、このネバネバが歯垢のことで、別名「プラーク」とも呼ばれています。

食後およそ4~8時間ほどでこの歯垢が作られてしまうため、毎食後の歯みがきが大切です。
歯垢は細菌の塊で、1gあたり1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。
これを放っておくと菌の作った酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてむし歯を発生させてしまうことがあります。

歯石とは一言で言えば歯垢が硬くなったもののことで、歯みがきでみがき残した歯垢はおよそ2日間ほどで歯石へと変わってしまうと言われています。

そのため歯みがきがしにくい「歯と歯ぐきの境目」や「歯と歯の間」にできやすく、歯石はその名前の通り石のように硬いため、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。

また歯石の表面はデコボコしているため、そこにさらに歯垢が付いて歯周病の原因となってしまうこともあります。

歯石に変わる前に歯垢を除去しよう

歯石を発生させないためには「いかに歯垢の状態で除去するか」ということが大事になってきます。

歯垢を除去するには「歯垢の吸着除去」「ミクロの傷を埋めてなめらかにする」「ミネラルを補給し初期むし歯を再石灰化する」という3つの作用でむし歯を予防する『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した薬用歯みがきがおすすめです。

歯垢と歯石の違いをおわかりいただけましたか?
歯石に変化する前に、上手に歯垢を除去することができれば、むし歯の発生率はより低くなることでしょう

歯石とは一言で言えば歯垢が硬くなったもののことで、歯みがきでみがき残した歯垢はおよそ2日間ほどで歯石へと変わってしまうと言われています。

そのため歯みがきがしにくい「歯と歯ぐきの境目」や「歯と歯の間」にできやすく、歯石はその名前の通り石のように硬いため、一旦歯に付いてしまうと歯ブラシでは取れず、歯科医院で取り除いてもらわなければなりません。

また歯石の表面はデコボコしているため、そこにさらに歯垢が付いて歯周病の原因となってしまうこともあります。

歯石に変わる前に歯垢を除去しよう

歯石を発生させないためには「いかに歯垢の状態で除去するか」ということが大事になってきます。

歯垢を除去するには「歯垢の吸着除去」「ミクロの傷を埋めてなめらかにする」「ミネラルを補給し初期むし歯を再石灰化する」という3つの作用でむし歯を予防する『薬用ハイドロキシアパタイト』を配合した薬用歯みがきがおすすめです。

歯垢と歯石の違いをおわかりいただけましたか?
歯石に変化する前に、上手に歯垢を除去することができれば、むし歯の発生率はより低くなることでしょう。

歯に色がつく原因とは

2020.10.11

クレア歯科クリニックの堀江です

 

歯が黄色いんですけど‥‥と1度は思った事ありませんか??実は、歯の黄ばみは主に加齢によるものです

とはいえ、同年代の人でも個人差は大きい‥

その理由は、食べ物や喫煙などの生活習慣の影響があるからです

なぜ黄色くなるの?

歯が変色する原因をチェック

子供の歯はまぶしいくらい白く輝いています

それが大人になると年をとるにつれ、黄ばみを帯びてくるのはなぜでしょう??

歯が黄色っぽくなる原因は大きく分けて2つあります

1つは、加齢によるもの

歯の表面は半透明のエナメル質で覆われています

その下に象牙質という黄色い層があります

象牙質の色は誰でも年をとるに従ってだんだん濃くなってきます

 

一方、エナメル質は少しずつ薄くなっていきます

なので、エナメル質から下の象牙質の色が透けて黄色っぽく見える様になってくるのです

2つめは、食べ物などによる外側からの着色です

歯に色がつきやすいのはまず、コーヒー・紅茶・日本茶・烏龍茶などのお茶類

コーヒーカップや湯飲み茶わんにつく茶渋と同じです

他にも赤ワイン・コーラ・ぶどう・ブルーベリー・カレーなど色の濃い食材の多くは、歯に着色しやすいという特徴があります

これらの食べ物に含まれる着色成分はいずれも最初のうちは歯の表面の汚れに過ぎないのですが、時間が経つにつれ、次第にエナメル質の中に染み込み普通に歯磨きをしただけでは落とせなくなってくるのです‼︎

また、タバコのヤニも歯が変色する大きな原因!

喫煙習慣がある方はない人に比べて歯が黄色っぽくなりやすいというのは本当ですよ!

是非、クリーニングをしてご自身の本来の歯の色を出しましょう

  • image

顎関節症なのかしら?

2020.10.02

クレア歯科クリニック 阿部です

 

口を開けた時にカクカク音が鳴ったり、口が開けずらかったり…となっている方いらっしゃると思います。

 

口を開こうとすると顎関節(耳の穴の前にあります)や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開けられない。または口の開け閉めで顎関節に音がする。という症状がでます。一生の間、二人に一人は経験すると言われているほど多くの方が経験します。症状が音だけであった場合、これは首を回したり、肩を動かして音が出るという状況と同じです。そのような音を気にして整形外科を受診する人はいないと思いますが、顎関節の場合、耳のすぐ隣にあるために「音が気になる」という人がいます。しかしこの音を消すためには手術が必要になることから、世界的には「音だけであるなら手術すべきではなく、治療する必要はない」とされています。ですから顎関節症の症状が始まったとしても、痛みや口の開けにくさが一時的だったとか、音だけで他の症状がなければ治療の必要はないかもしれません。ちなみに、音だけであれば最低でも人口の20%近くの人は顎関節の音を持つとされています。また顎関節や顎を動かす筋肉の痛み、あるいは顎関節症による口の開けにくさで、実際に治療が必要になる人は症状を自覚した人の中の5%程度と推定されています。

医療機関に来院される患者さんでは女性が多く、年齢は10歳代後半から増加しますが、20~30歳代で最大になり、その後は年齢が増えるとともに来院する患者さんは減少します。

鶴見市場にあるクレア歯科クリニックのブログでは検診や治療、予防のお役立ち情報を配信しております

鶴見市場でお子様からシニアの方まで安心してご利用いただける当院では、ブログにて虫歯や歯周病予防の情報、治療に関するご案内などお口の健康に関するお役立ち情報を配信しております。お口を常に健康に保ちたい方も、歯の痛みなど気になる症状がある方もぜひご覧ください。
当院ではマタニティ歯科もご用意しており、つわりなどで辛い状態にある妊婦さんも安心して治療をお受けいただけます。唾液の分泌量減少により口腔内環境が悪化することで起きる歯周病や虫歯の治療も、安心のサポートのもとで受けられますのでお気軽にお問い合わせください。
鶴見市場にある当院では、虫歯や歯周病を防止する予防歯科にも力を入れております。定期検診やブラッシング指導も致しておりますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご相談はこちら