歯のブリッジって何⁈

2019.09.17

クレア歯科クリニック 阿部です

 

 

ブリッジとは、失った歯があった部分の左右に生えている健康な歯を支柱として「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法のことをいいます。
義歯を安定させることができますが、健康な歯を削らなければなりません。

 

ブリッジは義歯を固定するやり方をとっているので、装着による違和感が少ないのが特徴です。素材の種類によりますが、金属のバネがないタイプを選ぶことができるので見た目を自然にしたい人にも適しています。
また、材料などの条件によっては保険診療内で治療を受けることができます。

 

ブリッジをかけるときに、両隣の歯を削る必要があります。義歯を支える役割を果たすため、負担もかかってしまいます。もともと健康な歯であってもブリッジをつけることにより寿命が縮まる可能性があるのです。人によってはブリッジをつけたことで空気がもれてしまい、治療前に比べて発音しにくくなることもあります。さらに、歯の抜けた部分の骨が衰えていきやすいのもブリッジのデメリットとしてあげられます。

 

 

不完全になった歯の治療としてブリッジを入れるわけですから、基本的には保険は適用できます。しかし、すべての場合に適用できるとは限りません。保険を適用してブリッジを入れるには条件があるのです。この条件は複雑になっているため、歯科医師に相談することをお勧めします。

 

9ADA0211-C437-4C91-A0C8-F13785999686

 

 

 

歯がしみるのは結局なにが原因?

2019.09.07

クレア歯科クリニック スタッフの岡本です

 

前回の記事で知覚過敏のお話をしました。

結局のところ、歯がしみるような痛みは何が原因なのでしょうか。

自分の口の中で何が起きているのでしょうか。

 

今回は、その原因となり得ることをお話します。

 

前回もお話しましたが、歯の表面が何らかの原因で削られてきて象牙質という内側に直接伝わるようになり、しみたり痛みを感じるということになります

 

●歯磨きの仕方が強すぎる

研磨剤配合の歯磨き粉を大量につけて硬めの歯ブラシでゴシゴシと強い力で磨いていると、歯や歯茎が傷ついて知覚過敏になる場合があります。適切な歯ブラシ・歯磨きの仕方を歯科医院で習いましょう。

 

●歯ぎしり・噛み合わせが悪い

寝ている間などの無意識な歯ぎしりや、歯の噛み合わせが悪い人は、一部分の歯に大きな力がかかるので歯の表面が傷ついて知覚過敏になる場合があります。噛み合わせの悪い所の治療や、就寝時用のマウスピース着用を視野に入れてみましょう。

 

●歯周病

歯周病が進行すると歯茎が下がって歯の根元が露出してきます。そうすると知覚過敏の症状が出やすいです。歯周病の治療が必要です。

 

●虫歯

単純に虫歯になってしまっていてお痛みを感じる状態です。自然治癒はしませんので歯科医院で適切な治療を受けましょう。

 

 

しみる症状はしみ止め配合の歯磨き粉で改善する可能性もありますが、歯科医院での処置・治療が必要な状態もございます。

気になる症状がありましたら、早めの受診をしましょう

虫歯と頭痛は、関係あるの?

2019.09.02

 

クレア歯科クリニック 阿部です

 

虫歯と頭痛

虫歯と頭痛、一見関係が無いように感じるこれらの症状には、深い関係があります。虫歯によって引き起こされる頭痛は主に4つあり、「緊張型頭痛」「上顎洞炎による頭痛」「顎関節症による頭痛」「脳炎・脳静脈血栓症による頭痛」です。放置すると命に関わるものもあるため、よくある病気だと安心せずに、早めに受診・治療をするようにしましょう。

メカニズム
虫歯と共に最も発生しやすい頭痛が“緊張型頭痛”です。緊張型頭痛とは、機能性頭痛(慢性頭痛)の1つで、身体的・精神的ストレスが原因となります。身体的・精神的ストレスによって頭を支える筋肉が凝り、頭痛が発生すると考えられています。ただし、虫歯の場合はストレス以外にも要因があり、虫歯になっている歯をかばい、片側ばかりで噛むことで首や肩が凝り、頭痛を発生させてしまうと考えられています。

対処法
緊張性頭痛は、頭を支える筋肉の血行不良が原因で発生しています。入浴・運動・マッサージで血行を良くし、凝りがほぐされると痛みは解消されますが、虫歯の治療をしない限り根本的には改善しませんので、早めに虫歯の治療をすることが大切です。

虫歯と上顎洞炎
上顎洞(じょうがくどう)とは、鼻の周りに存在する鼻腔とつながっている空洞のひとつです。上顎洞炎は、風邪やインフルエンザ、アレルギー性鼻炎などで引き起こされることが一般的ですが、虫歯が原因で起きる場合もあります。この、虫歯が原因の上顎洞炎を“歯性上顎洞炎”といいます。上顎洞は、上の奥歯のちょうど上あたりに位置しており、歯の根の先と上顎洞はとても近くにあります。虫歯が進行して、細菌が根の先から上顎洞に入ることで歯性上顎洞炎となってしまいます。また、重度の歯周病が原因で上顎洞炎になる場合もあるため注意が必要です。

対処法
まず、原因となっている歯を特定する必要があります。歯に被せ物をしている場合など、目で見るだけでは判断できない場合も多いので、レントゲンやCTを使って歯の特定をし、歯の根の治療や根の先に膿が溜まっている場合は膿を排出させます。

1DE92DEC-FD67-4C73-8F05-0A023FF3FA5C

痛い原因は虫歯?知覚過敏?

2019.08.22

クレア歯科クリニック スタッフの岡本です

 

毎日暑い日が続くと冷たい食べ物が食べたくなりますよね!

アイス、かき氷、食べたいですよね!

キンキンに冷えた飲み物、飲みたいですよね!

 

皆様は、これらのものを美味しく食べたり飲んだり出来ていますか!?

冷たいものがキーンとしみる、痛い、など、食事が楽しめないと思ったことはございませんか??

 

冷たいものの他にも、熱いものや酸っぱいものや甘いものを口に入れた時に❝キーン❞としたり❝ズキン❞としみる症状がある場合、まずは『知覚過敏』が疑われます。

 

『知覚過敏』とは、歯の表面のエナメル質が何らかの原因で削られてしまって、内側の象牙質に刺激が伝わるようになり、痛みを感じるという症状が表れることをいいます。

 

軽度の知覚過敏であれば、日々の歯磨きを丁寧に行ったり、しみ止めの成分が入った歯磨き粉(有名なものでシュミテクト等)を使用したり、歯科医院でコーティング治療をすれば改善する可能性があります。

 

あとは虫歯による痛みの場合もありますので、重症化してしまう前に診察や定期検診にいらしてくださいね

フッ素とは??

2019.08.17

クレア歯科クリニック 阿部です

 

フッ素を利用することでむし歯の発生を防ぐことができます。

 

フッ素の歯面塗布は、個々の歯が萌出する度に虫歯になりやすい時期に、
何度も重ねて塗布することによって確実な予防効果が得られることがわかっています。
すなわち、乳前歯が萌出する1歳前後という低年齢から定期的に行うことが必要です。
1歳だから早すぎるということはありませんのでご安心下さい。

それ以外にフッ素についての一般的なお話は下記の通りです。
フッ化物歯面塗布は、歯の萌出時期をとらえて定期的に頻回に応用された場合に
明らかな有効性が認められるのであり、特に幼児においては1~2回の塗布で効果を獲得することは難しいようです。

フッ素(正確にはフッ化物)で虫歯の進行を防ぐことができる理由は、以下の通りです。

むし歯予防の3つの作用

再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再沈着を促進します。

歯質強化

歯の質を強くして、酸に溶けにくい歯にします。

細菌の酸産生抑制

歯ブラシで落としきれなかったプラーク(歯垢)中に潜んでいるむし歯原因菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑えます。

7DBCFA62-3424-4139-A2E7-4B214F97BF55

夏休み期間(お盆時期も)診療いたします!

2019.08.07

クレア歯科クリニック スタッフの岡本です

 

今年は7月後半まで梅雨時期が異常に涼しく、かと思えば梅雨が明けたら急に暑くなりましたね

皆さまいかがお過ごしでしょうか??熱中症などには十分お気を付けくださいね。

 

さて、世間は夏休みシーズンですね!お盆など帰省される方、お家でのんびりされる方、お出かけされる方みなさんそれぞれだと思いますが、

当院は今年も休まず診療いたします!!

学校やお仕事などお休みのうちに一度受診されてはいかがでしょうか。

 

普段の平日・土日祝と同じ診療時間になります。m(__)m

 

8/10(土)~8/12(月・祝)     9:30~13:00、14:00~18:00 最終受付17:30 (普段の土日と同じお時間です)

8/13(火)~8/16(金)           9:30~13:00、14:30~19:30 最終受付19:00 (平日は通常通りの診療時間です)

8/17(土) ※矯正歯科の日になります     9:30~13:00、14:00~18:00 最終受付17:30 (普段の土日と同じお時間です)

8/18(日)                          上記と同じ土日の診療時間です

 

他の歯医者さんがお休みで急遽いらっしゃる方も多いかもしれません。

初めての方も以前から通われている方も、急な来院の際には一度お電話いただけるとスムーズにご案内できると思いますのでよろしくお願いいたします

鶴見市場にあるクレア歯科クリニックのブログでは検診や治療、予防のお役立ち情報を配信しております

鶴見市場でお子様からシニアの方まで安心してご利用いただける当院では、ブログにて虫歯や歯周病予防の情報、治療に関するご案内などお口の健康に関するお役立ち情報を配信しております。お口を常に健康に保ちたい方も、歯の痛みなど気になる症状がある方もぜひご覧ください。
当院ではマタニティ歯科もご用意しており、つわりなどで辛い状態にある妊婦さんも安心して治療をお受けいただけます。唾液の分泌量減少により口腔内環境が悪化することで起きる歯周病や虫歯の治療も、安心のサポートのもとで受けられますのでお気軽にお問い合わせください。
鶴見市場にある当院では、虫歯や歯周病を防止する予防歯科にも力を入れております。定期検診やブラッシング指導も致しておりますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、ご相談はこちら