入れ歯治療

一人ひとりのお口の状態に合わせて、長く使えて機能的な入れ歯作りを心がけております。

入れ歯

患者さんそれぞれのお口にフィットするよう丁寧に調整を行い、保険内診療・保険外診療(自費治療)ともに豊富なメニューを取り揃えております。

入れ歯は普段からのお手入れが重要です。当院では入れ歯のお手入れや残っている歯のケアについても指導を行います。虫歯の汚れや臭いの吸着、ひび割れやがたつきなど、入れ歯の具合が悪いときには速やかに調整にご来院ください。

入れ歯の種類
●部分床義歯(部分入れ歯)
部分的に歯が失われているところに合わせて作る入れ歯。バネを残っている歯にかけて固定します。

●全部床義歯(総入れ歯)
歯が全部失われている場合に作る入れ歯。顎の形やお口の中の状態に合わせて作ります。

入れ歯メニュー

レジン床(保険適用)入れ歯メニュー
保険診療で作れる代表的な入れ歯です。自費診療の入れ歯より比較的コストをかけずに作れますが、食べ物の温度が感じにくい、変形しやすい、ヒビが入りやすいなどの欠点があります。

ノンクラスプデンチャー入れ歯メニュー
最大の特徴は、目立たないということです。金属のツメ(クラスプ)を使わず、装着していても外から見るとほとんどわかりません。弾性と強度があるため装着感が少なく、壊れにくく、つなぎ目がほとんどないためお手入れがしやすいといった特徴があります。

●ノンクラスプデンチャーの保証
ノンクラスプデンチャーは調整や作り直しが多く、その度に費用もかかってしまいます。当院ではノンクラスプデンチャーの調整や作り直しについては保証を設けております。詳細は治療の際にお尋ねください。

チタン床入れ歯メニュー
薄く作れるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。熱が伝わりやすいので食べ物の温度を感じやすく、つける人それぞれのお口に合わせた人工歯を使用するため審美的にも優れています。

コバルト床入れ歯メニュー
金属床で最も多く使われている入れ歯です。とても薄く仕上がるため熱の伝導率が高く、食べ物の熱さや冷たさを感じることができます。耐久性にも優れており、長い期間、安定した状態で使用できます。チタン床に比べると若干厚めですが、自然に近い装着感を得られます。

BPSデンチャー入れ歯メニュー
ヨーロッパのリヒテンシュタインで開発された、非常に精度の高い最新のBPS方式(生体機能的補綴システム)で作る入れ歯です。総入れ歯に有効で、安定した入れ歯です。

お問い合わせ、ご相談はこちら