審美歯科

ステキな笑顔のために、美しい口元を手に入れるお手伝いをいたします。

審美歯科

美しい歯は自信につながります。歯並びや歯の色、以前入れた銀歯が気になる、そのような場合はぜひご相談ください。保険外診療(自費治療)が基本である審美歯科では、患者さんからのご要望に沿ってお選びいただけるさまざまなメニューをご用意しております。

メタルフリーへの取り組み

メタルフリー最近問題になっているのが、お口の中にある銀歯などの金属が引き起こす金属アレルギーです。当院の審美歯科では、詰め物や被せ物になるべく金属を使わない「メタルフリー」治療を基本としております。

金属の場合は経年によって劣化してしまいますが、メタルフリーで使われるセラミック素材は金属イオンが溶け出さないため、経年劣化による歯や歯ぐきの変色の心配がありません。

ビスケットトライによる確実な治療の進め方

審美歯科理想的な歯を手に入れるためには、一歩一歩確実な治療を行うことが大切です。歯の形や色には個人差があり、また髪型と同じように好みの違いもあります。当院ではきちんと患者さんの確認を取りながら治療を進めてまいります。

また、最終的なセラミック歯の確認は「ビスケットトライ」と呼ばれるチェック方法を採用しています。ほぼできあがりに近い状態のものをお口の中で試していただき、最後の微調整を行ってからつけていきます。手間は増えますが、納得いただける歯を作るためには必要な行程であると考えております。

白く美しい詰め物・被せ物

オールセラミッククラウン(陶器)審美歯科メニュー
天然の歯に近い被せ物で、主に前歯の治療の際に使います。長い期間使用しても経年による色の変化はありません。金属を使用していないので歯ぐきが黒くならず、歯本来の透明感が出ます。

ハイブリッドセラミッククラウン(陶器とプラスチック)審美歯科メニュー
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材の被せ物です。オールセラミッククラウンよりも柔らかいため、周囲の健康な歯を傷めにくいという特徴があります。色調はオールセラミックよりやや劣り、時間とともにやや変色します。

メタルボンド(陶器と金属)審美歯科メニュー
金属にセラミックを焼き付けたもので、オールセラミックよりも耐久性があります。表面硬度が高く、摩耗しにくい特徴がありますが、オールセラミックに比べると、透明感がやや劣ります。

ジルコニアセラミッククラウン(陶器と金属)審美歯科メニュー
セラミックの内面にジルコニアを使用した被せ物です。強度が高いため、主に奥歯やブリッジなどに使われます。

ゴールドクラウン(金)審美歯科メニュー
ゴールドでできているので天然歯に近い強度を持ち、柔らかいので周りの歯を傷めません。ただし、金色なので見た目に違和感を覚える方もいらっしゃいます。良質の金属を使っているので、ほとんど金属アレルギーも起こりません。

セラミックインレー(陶器)審美歯科メニュー
セラミック製の白い詰め物です。主に奥歯の治療で使用されます。見た目が自然で、歯に隙間ができにくいため虫歯になりにくいというメリットがあります。奥歯の場合は一般的に保険内診療で銀の詰め物をすることが多いのですが、気になる方にはお勧めです。

ラミネートベニア審美歯科メニュー
変色したり、位置や形が不自然であったりする歯、特に上顎の前歯に使用されます。歯の表面を薄く削って、薄いセラミックを貼りつけます。短い期間で簡単につけることができますが、天然の歯を削ってしまうためよく検討されることをお勧めします。

お問い合わせ、ご相談はこちら