妊婦さんの歯を守り、生まれてくる子どもの歯も守る

妊娠期は、歯やお口の中に対する意識を高める1つの大事な機会です。お母さんと生まれてくるお子さんの健康と歯を守るために、適切なアドバイスを行います。

マタニティ歯科

妊娠期の歯のケアは、つわりや来院の大変さから不十分になりがちです。ですが、生まれてくるお子さんの健康を考えても、お母さんがきちんと歯のケアを行うことが大変重要です。お母さんが定期的にメインテナンスを受けることで、お子さんが虫歯になるリスクがそうでない場合の半分になるというデータもあります。

当院ではお母さんのための歯周病治療、虫歯治療はもちろん、予防指導にも力を入れております。予防に関する正確な知識を持っていただき、母子ともに健康なお口の環境を手に入れていただきたいと思います。

予防はマイナス1歳から

マタニティ歯科妊娠すると、つわりやホルモンバランスの変化で歯科疾患のリスクが高まります。たとえばブラッシング時の出血や歯肉の腫れなど、歯肉の炎症がよく見られるようになります。

ほとんどの場合が軽度の歯肉炎ですが、万が一重度の歯周病になると早産や低体重児出産のリスクが7倍にも高くなってしまうというデータもあります。

また妊娠期は、唾液の機能低下により虫歯になりやすい時期でもあります。もしこの時期に虫歯になってしまったお母さんのお口の中に細菌が残っていると、唾液を介してお子さんに感染してしまうこともあります。

妊娠前、出産前からお口の中の環境を整えることが、お子さんの歯の健康にとって重要です。適切な予防のために、安定期に入ったら1~2か月に一度は通院いただくことをお勧めいたします。

妊娠期の治療について

マタニティ歯科妊娠中の歯科治療で特に注意すべきなのは、お薬の処方とレントゲン撮影です。基本的な知識を覚えておいていただき、治療の際の参考にしてください。

妊娠期の服薬
基本的に妊娠中は服薬をなるべく避けた方が良いのですが、どうしても必要な場合は、抗菌薬(菌の感染を防ぐ薬)であればペニシリン系・セフェム系・マクロライド系、鎮痛薬(痛み止め)であれば非ピリン系のアセトアミノフェンが比較的安全だと言われています。

麻酔薬では、リドカインであれば通常量の使用は問題ありませんが、フェリプレシンは分娩促進作用があるため使用を避けた方が良いでしょう。

●服薬の母乳への移行
一般的な歯科で処方される薬であれば、服薬が母乳に移行することはほとんどありませんが、出産後、心配な場合はお薬の血中濃度が高まる服薬2~3時間は授乳を避けた方が良いでしょう。

妊娠期のレントゲン撮影
通常のレントゲン撮影で受ける放射線の量は非常にわずかですので、基本的には問題ありません。歯科で行う撮影は胎児(腹部)に向けての撮影ではなく、お顔を中心とした撮影です。また、胸から下には防護用の鉛エプロンを着用するため、胎児への影響はありません。

治療を受ける時期
基本的な配慮を行えば服薬やレントゲン撮影は胎児に大きな影響はありませんが、妊娠時に不要なストレスを感じることのないよう、下記のような時期はレントゲン撮影や服薬は避けた方が良いでしょう。

●受精後から8日までの着床前期
●受精後2~8週の器官形成期
●受精後28週以降の妊娠後期

妊娠期のメインテナンス

マタニティ歯科通常妊婦さんは、妊娠5週頃からつわりを発症し、食事回数の増加、唾液の分泌量の減少やネバネバ感により、口腔内環境が悪化しやすくなります。起床直後と就寝前のブラッシングを心がけましょう。

つわりがひどい時期は無理をせず、体調の良いときを見計らってブラッシングしましょう。小さめの歯ブラシを使い、歯磨き剤は、匂い・味・発泡が気になる場合は使用せず、安定期に入ってから使用してください。

十分なブラッシングが難しい場合は、洗口剤を使用して1日に数回のうがいをするよう心がけましょう。また、キシリトール入りのガムやタブレットを噛むことで唾液を出し、お口の中を清潔に保ちましょう。

親子で予防の意識を

マタニティ歯科マイナス1歳から歯科医院への通院を心がけていただくことは、お母さんだけでなくお父さんや生まれてくるお子さんの予防への意識を高めることにつながると当院では考えています。

特にお子さんのお口の中の細菌バランスは3歳くらいまでに決まると言われており、それまでの予防の有無がその後の人生に大きな影響を与えます。

お子さんが虫歯菌を保有してしまう原因のほとんどは、親御さんからの唾液感染です。まずは親御さんが普段からメインテナンスを怠らずにお口の環境を整えることが、お子さんの感染リスクを抑えることにつながるのです。

当院のマタニティ歯科では、親御さんのお口の中の検診から細菌検査、唾液の質の検査などのリスク検査を行うこともできます。お子さんのためにもご自身のためにも現状を受け止め、気づいたときからメインテナンスを始めることが何よりも大切です。

お問い合わせ、ご相談はこちら