小児歯科

乳幼児期のケアは、その後のお口の環境に大きな影響を与えます。子どもの頃から予防の習慣をつけることがとても大切です。 小児歯科 お子さんのお口の中の細菌バランスは2.6歳くらいまでに決まる、と言われています。つまり、それまでに虫歯菌に感染しなければその後も感染しづらくなるということです。

当院では、小児歯科の経験豊富なドクターによる診療を行っています。予防はもちろん、矯正や細菌検査など、お子さんのお口の環境を整える治療を行っておりますので、ぜひ定期的に通院ください。親御さんに普段から気をつけていただく点についても丁寧に指導させていただきます。

「歯医者嫌い」な子どもを作らない

キッズルーム子どもの頃に歯科医院で痛い思いをして以来、歯科治療に抵抗を感じるようになってしまった方も多いと思います。当院ではそういった「歯医者嫌い」のお子さんを作らない環境づくりを心がけています。

嫌がって治療ができないお子さんの場合は無理に治療せず、まずはキッズルームで遊ぶことで「ここは楽しいところだ」と思っていただきます。その後、ブラッシングだけ一緒にやってみる、時間をかけて接するなど、お子さんのペースに合わせて治療を進めていきます。

キッズルームを完備
当院ではキッズルームを完備し、子育て中のスタッフが多数在籍しています。おもちゃや子ども向けDVDなどを用意していますので、待ち時間も楽しく過ごすことができます。

お子さんの治療中やキッズルームでお預かりしている間に、保護者の方に買い物など別の用事を済ませていただくことも可能です。その間の治療に関しては連絡ノートを作成し、治療内容や治療中の様子などをご確認いただけるようにしています。

その子に合った予防を

小児歯科たとえば、予防に効果的なフッ素の量は成長によって変わります。当院ではお子さんの年齢や成長度合いに合わせた予防プランをご提案いたします。

親御さんに対しても、食事の際に気をつけるべき食材や食べる時間、仕上げ磨きのレクチャーなど、お子さんのお口のケアについて丁寧に指導いたします。

ただし、忙しい育児の中でお口のケアばかりを気にするのは大変な負担です。ご自宅で完璧なケアを行うことは難しいため、ぜひ定期的にご来院ください。親御さんの負担を少しでも減らすためのフォローをさせていただきます。

小児歯科メニュー

ブラッシング小児歯科メニュー
乳前歯だけが萌えてきた頃、乳歯が萌え揃ってきた頃、永久歯が萌えてきた頃では、ブラッシングの方法や使用する歯ブラシを変える必要があります。当院では、お子さんの成長に合わせたブラッシングの指導を行います。

フッ素塗布
乳歯や萌えたばかりの永久歯は歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗布することで予防の効果を高めます。フッ素には、唾液中のミネラルの沈着を促す、再石灰化を助ける、歯を強くする、細菌による酸の生成を抑えるなどの働きがあります。
シーラント
奥歯の深い溝にプラスチックを埋めて虫歯を予防する処置です。第一大臼歯は歯の中で最も大きく非常に重要な歯ですから、子どもの頃からきちんとケアすることが大切です。
矯正治療
定期的な予防を続ける中で矯正治療が必要な場合も出てきます。当院には矯正の認定医がおりますので、精密な検診を行うことも可能です。お子さんの歯並びが気になりましたら、一度ご相談ください。

お問い合わせ、ご相談はこちら